明日こそ、きっと

明日こそ、きっと  宮田大樹

宮田大樹が作詞・作曲を手がけた切なくも温かいバラード!


詞・曲:宮田大樹

編曲:symmie

カメラ:長谷川琴美

衣裳:小早川文

アートワーク:渡邉春菜

プロデュース:桑子雅之

ロケーション:鵜沼駅(岐阜県各務原市)、美濃加茂市内(岐阜県美濃加茂市)


ドラマ「Blue Rose」挿入歌

空想シネマ『明日こそ、きっと』

 ギタリストの渡辺友貴(わたなべともき)は、高校卒業後、バンド仲間とともに上京し、レコード会社との契約も勝ち取り、そこそこ売れたが、メンバーとの不仲からバンドは解散。しばらく一人で活動するものの、鳴かず飛ばずのまま時は過ぎ、故郷に戻って、作曲の仕事やライブなどで食いつないでいる。

 実家に戻ってきた友貴を、音楽を諦めさせ、自分の家業を継がせたいと思っている父親の雅志(まさし)と母親の亜希子(あきこ)に口うるさく小言を言われ、姉の陽子(ようこ)、弟の和也(かずや)も味方はしてくれず、上京前から交際していた亜美(あみ)とは顔を合わせる度に喧嘩になり、友人たちからは好き勝手生きていてうらやましいと言われる。仕事でも、クライアントのわがままに振り回されて、思うような楽曲制作ができず、ストレスがたまる一方であった。

 ある日、ライブの打ち上げで一緒になった若いミュージシャンたちに説教じみた声をかける。邪険にされる中、一人のミュージシャンは真剣に話を聞いていた。彼女は昔、友貴のライブを見て音楽を始めたと告げる。彼女、小林あいな(こばやしあいな)はバンドで活動していたが、今はソロで活動しているのだという。何度かライブで一緒になり、そのひたむきな姿に、楽しんで音楽をしていた頃、苦しんで音楽をしている今を痛感し、自分と同じ過ちは繰り返さないよう、あわよくば成功を願い、世話を焼くようになっていく。

 そんな友貴のもとに、大きな仕事が舞い込んできた。とある大きなイベントの音楽を手掛けることになり、友貴はその歌い手にあいなを推薦する。無名のミュージシャンであるため、クライアントは難色を示すが、友貴は食い下がり、デモをつくって聴かせることになった。あいなに熱心になる姿に二人の仲を疑う亜美とはさらに険悪にあるが、友貴は仕事を優先する。そんな態度に、亜美は別れを告げる。引き留める権利はないと思った友貴は何も言うことはできなかった。

 楽曲が完成し、プレゼンへ向かう道中、姉から電話が入る。父が倒れたのだという。動揺しながらも、クライアントの元へ向かう友貴。一通りの説明を終えるとすぐに病院へ向かう。父は、命に別状はないが、脳梗塞により、半身にマヒが残るらしい。家のことを何も手伝わないことに関して姉弟から責められる中、父は、お前の好きにしろ、と言う。心配して駆けつけた亜美には、わがままを言ってごめん、引き留めてほしかった、そして、夢を追って夢中になって輝いてる友貴が好きだったと告げられる。


 有貴が導きだす未来は?幸せとはなんなのか? 誰もが悩む理想と現実と向き合う、ハートウォーミングストーリー。僕らはいつまで、夢追っていいんだろう? 

出演

渡辺 有貴(わたなべ ともき)

俳優 宮田 大樹(みやた だいき)


【宮田談】

髪色を変え、カラコンを入れ、一番遠いキャラクターになってみて、田舎のロケーションとのギャップを狙いました。

楽曲としては一番最後にできたのですが、作詞作曲とも自分なのでイメージはしやすかった。