One More Time!

One More Time!  宮田大樹×佐倉ユキ

ポップシンガー佐倉ユキとのコラボレーションから生まれた爽快なチアソング!


詞:宮田大樹

曲・編曲:symmie


ギター:都築尚雅

カメラ:綱島光義

衣裳:小早川文

アートワーク:渡邉春菜

プロデュース:桑子雅之

ロケーション:庄内川堤防(愛知県名古屋市)

空想シネマ『One More Time!』

 下位プロサッカーリーグのクラブに所属する牛田翼(うしだつばさ)。高校時代には将来を嘱望され、鳴り物入りでプロ1部リーグの名門クラブに入団するものの、出場機会を得られず、3年で解雇。地元である現在のチームに拾われることになった。

 そのプライドと、周りとのモチベーションの差からくる憤りで、いつも口論が絶えず、チーム内での信頼も得られずにいた。

 そんなある日、河川敷でボールを蹴っていると、若い女性から声をかけられる。自分のことを知っていたその女性は、早織(さおり)と名乗り、翼の所属するチームのサポーターなのだと告げる。握手をしようと手を差し出す翼に、早織は「あなたのプレーは自由すぎる」と忠告をする。

 突然のことに戸惑いと苛立ちを隠せない翼はその場を立ち去ろうとするが、早織が倒れこみ、近くの病院へ連れていくことになる。早織はその病院の入院患者で、外出許可を得て散歩中だったのだという。深い事情を聞けないまま、翼は病院を後にした。

 レストランで食事をしていると、サポーターの一団が入ってくる。翼に気づき声をかけるが、サポーターたちも酒が入っており、そのうちの一人、宮下(みやした)と口論となり、次第にヒートアップし、つかみ合いの喧嘩になるが、店やサポーターたちは警察沙汰にはならないように配慮し、その場を収める。

 その週の試合、翼は負傷し、病院へ運ばれる。骨折による入院。ギブス姿の翼を見つけた早織。そして、そこには騒動を起こしたサポーターの集団にいた女性、奏(かなで)も。奏は早織の姉なのだという。早織は医者からも看護師からも、同じ患者からも好意的に接されていた。自分との態度の差に驚く。奏は早織の病状を告げる。入院生活の中で早織とふれあい、どうせならこの場所で目いっぱい幸せになりたい、という早織の言葉が頭を離れなくない翼。見舞いにきた宮下との交流も深め、その後、無事に退院し、リハビリの成果で、すぐに試合に復帰する。

 しかし、チーム事情は芳しくなく、最終節を残して、20チーム中、19位。勝たなければリーグ降格となってしまう。翼を支持してきた監督もシーズン限りでの退任が決まっており、それに報いるためにも何としても勝たなければならない状態であった。

 そして、運命の最終節。早織の姿はない。試合は劣勢。翼は相変わらず孤軍奮闘。後半に入っても点が入る気配はない。そこに聞こえてくる声。


 果たして、試合の行方は? 翼が手にする結果は? 一つの出会いが人生を変える。もがいても苦しんでも立ち上がる青春群像劇!

出演

牛田 翼(うしだ つばさ)

俳優 宮田 大樹(みやた だいき)


【宮田談】

プライドの高いスポーツ選手を意識したのですが、同じ日に「相性30%の君と僕」の撮影もしており、自身というよりはパートナーに引っ張ってもらってキャラクターがつくれた気がします。

ストーリーは、キャプテン翼の翼くんの性格があんまりよくなく、そんなに活躍できなかったら、みたいなところから発想してます。

三浦 早織(みうら さおり)

シンガー 佐倉 ユキ(さくら ゆき)

作詞家、ラジオパーソナリティ、イベントMC 

エフエムななみ(77.3MHz)『佐倉ユキのサンサタRadio!』

楽曲製作ユニット『Plan Melodica(プラン メロディカ)』のボーカリストとしても、活動中!


【宮田談】

普段パワフルなユキさんですが、描いた役柄は病弱な少女。ただ、勝気というか、意志の強さのある女性をイメージしていたので、あんまり意識せずやってもらいました。